禅語「莫妄想(まくもうぞう)

画像の説明

今日もご覧いただきありがとうございます。

無作為に選んだ「禅語」と、それに対しての松本の思考を一緒にお届けします。

ぜひ、自分ならこう解釈し、こう活かす、と置き換えて考えてみてください。

それでは、

●今週の禅語 
莫妄想(まくもうぞう)
妄想すること莫れ(もうぞうすることなかれ)

●簡単な意味
むやみに苦しみを生み出すようなことを考えず、
ただ、現実を精一杯いきること。

●松本の思考

妄想・・・ですね。
全くそんなことはないのに、いろいろと勝手に想像してしまうことは
とてもよくあります。

ほんの1本のメールでも、あることないこと付け加えて
こうじゃないかとか、これが言いたいのではないかとか思ってしまう。

誰も何も思っていないのに、
自分のことをいろいろと不安になってしまったり、
こんなことがおきたらどうしようと勝手に決め付けてしまうこと。

ものごとを冷静に現実だけで考えられなくなることは
とてもたくさんあり、それが自分の足かせになったり、
無駄な力を使わせたり、恐ろしい損失を発生させます。

ただ、現実としっかりと向き合い、ニュートラルに受け取ること。
足すことも引くこともしない。

それだけでとても楽に生きられると感じます。

●まとめ
足すことも引くこともなくただ、現実をありのままつかむこと。
それだけでも非常に楽で軽やかになれる。

それでは、佳き日になりますように。