禅語「月白風清」

今日もご覧いただきありがとうございます。

無作為で選んだ「禅語」と、それに対しての松本の思考を一緒にお届けします。

ぜひ、自分ならこう解釈し、こう活かす、と置き換えて考えてみてください。

それでは、

●今週の禅語「月白風清」
(げっぱくふうせい)
月白く、風清し。

●簡単な意味
秋の夜長に、月が白き輝き、爽やかな風が吹く様を描写しています。

月の白い輝きはこの世の真実を表し、
清らかな風は徳の高い清涼さを示しています。

月は曇りなく白く輝いていますが、
損得勘定や欲にかられて人間の心は曇ることがあります。

爽やかな風が 月にかかる雲を吹き払う様に、
我々の心にある邪念を吹き払うことの必要を伝えています。

●松本の思考

さてさてさてさて。
邪念の塊です。

もともとは地位や権力に目がくらみ・・・
ということを取りあげているのですが。

今日は自分の思い込む妄想を取りあげたいと思います。

事実をあるがままに見たり、受け取ったりすることがなかなかに困難です。

誰かに、「 これってどうなっていますか?」と言われたら

・言い訳をする
・反論する
・落ち込む

この様な反応を起こしてあれこれ思い悩むことがあります。

でも、相手はただ状況確認をしたかっただけで
責めているわけでも、非難しているわけでもなかったりします。

にもかかわらず、勝手に解釈して、
勝手に思い込んでしまうことはよくあります。
そして、まるでひどいことを言われたかの様に感じることも多いです。

それは自分自身にとって辛いことでもあります。

そんな時、しっかりと落ち着いてそのままを受け取り、

本当のところだけを、捉える。
フラットな状態で対応する。
必要なことは掴む。

こういったことができる様に
何も曇りなくみられる様に、
常日頃から心の鏡を磨いておく。

そういった大切さ、身構えを伝えてくれている様に思います。

●まとめ

物事に、ついつい様々な解釈をつけてしまい
ありのままを見れなくなってしまう。

澄んだ眼で、曇りのない心でそのままを受け取る様に
心の中の風通しを良くしておく。

それでは、佳き一日になりますように。