やりたいことを見つけるのに効果的な方法とは?

今日から2月ですね。

時間管理的にはこういう感覚は良くないと言われますが、
1月が長かったです。

よく1月は去ぬ(いぬ)、2月は逃げる、3月は去る(さる)と言いますし、
実際今までもそう感じていました。

今年は1月が終わったところか、というくらい充実していました。

この調子で、この1年をどんどん充実させていきたいと思います。

さて。

先週の土曜日、
「夢を叶える、目標を達成するための
 6STEPマインドセットワークショップ」を開催しました。

そして思い返したのが、2年半前。

当時の私は、会社での仕事に行き詰まり、自分の能力の限界を感じ、
もっと自分が変わってブラッシュアップしていかないと
お先真っ暗と考えていました。

会社の仕事を一生懸命して
線路の上を、できるだけ速く走っていればよいと思っていたんです。

ところが、一つ崩れていくと
本当は自分が何がしたいのか、わからない状態になっていました。

そうは言っても、どの様な手段を講じればよいかもわからず、
いわゆる「やりたいことがない。でも、焦りだけはある。」状態です。

なんとかやりたいことを見つけて、
自分の中でしっかりとした軸を作りたいと
そんなことばかり考えていました。

丁度そんな時に
目指す自分、なりたい自分に成れる会(旧大阪ヒートテック塾)
と出会いました。

その後2年近くかけ、

やりたいことは、
「マインドセットを日本に普及させ、
一人一人が自分の能力を最大限活かすことができ、
その結果、企業の生産性が上がって、
日本の永続的な維持を経済面から貢献したい」
と定まりました。

この経験をした今だから言えることがあります。

◎目標は、ないと実現しない。

私の経験で、ですが、目標がないから目標を見つけたい場合でも

・目標を見つける

ここにフォーカスしていないと、
その後の行動が適切なものになりませんでした。

漠然とやりたいことが見つかればいいなあ、期待だけしていても
同じところを往復していたり、
同じ場所でくるくる回ってしまったり、します。

「やりたいことを見つける」にフォーカスしていれば、
そこにつながる行動を取り、
行動するから実現していくのです。

一番効果的なのはズバリ「色々やってみること」
案ずるより産むがやすし、とはよく言ったものです。

今までの経験で、これ!というものに出会っていなかったら
やりたいことがない、わけです。

色んなことをやって経験していけば、
視野も広がり、視点も増え、感じ方も変わり、
見えなかったものも見えてくる様になります。

視点を増やし視野を広げる観点から、
そういったことに、どんどん取り組んでみることです。

少しやっただけで判断するのは
もったいないことが起きる場合もあります。

物事は表面的な部分と本質的な部分があり、
しっかりと四つに組んで取り組んで何かを乗り越えないと
その本質に触れられないこともあると思います。

しんどかったけど、やっていてよかったという経験は、
多かれ少なかれ誰にでもあるのではないでしょうか?

だから。全力でする、というのもポイントですね。

そして、その結果自分にフィットするのかどうか
しっかり見つめる。

自分が何を求めていて、
どういうことにやりがいを感じるのか、
しっかり捕まえる。

そういうことが、一見遠回りの様で、
確実にゴールへと導いてくれます。

■やりたいことがなければ、
 興味があること、知らないこと、師匠に薦められることを
 どんどんやってみる。
 待っていないで、どんどん行動してみる。

ではでは。